本当の癒しというものを知るために

2013年03月11日

寺町四条を少し下がったとこの神社

昨日日曜日
寺町四条下がった神社にお参りしました。

電気屋が沢山あったところです。

この神社いまから何年か前からいくようになったのですが
他の人がお参りしているのを見たことがありません。

神社があるのを気づかない人の方が多いのではないかと
思っています。

車が止まっていたり(駐車場かな)
あまり神社神社していないような気がしますが
建物は立派です。

ここにお参りするといつもすぐにエネルギーを通して
くれます。(他の人はしりませんが歓迎してくれてるようです)

この日も簡単な祝詞を心の中で唱え感謝を言います。

「同行した友達にどうかその存在を感じさせてあげてください」

と神様にお願いして出てきていただきました。

同行した友達に感じを尋ねると ぼわっとした暖かいものを感じる
といいます。

そこで次に「ありがとうござしました。お戻り下さい」
とお願いすると サーッと引いていきます。

すると友達は分かったようでびっくりしていました。

神様はけっこうフレンドリーのようで(失礼で罰当たりですが)
お願いしたら結構対応してくれます。


posted by aomisakana at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月25日

初詣

昨年から 田舎に帰って
接骨院を開業するための準備や引っ越し
その他諸々で 神社巡りをしてませんでした。

エネルギーの師匠のところもご無沙汰していて
一緒にいくこともしばらくありませんでした。

田舎で開業することになって
近くの神社にも挨拶にいってません。

なので 田舎から京都に行ったついでに初詣にいきました。
京都の連れ(野郎)とまずは 八坂神社にいきました。

普段生活ですっかりエネルギー感覚が鈍っています。
まずは お参り。

短めの祝詞をあげてご挨拶します。
少しずつ 詰まった感覚が戻り始め 体や手 チャクラが
ぴりぴりと反応が始まります。

まだ神社はにぎあっていました。

そこから タクシーで下鴨神社まで。

まずは知る人ぞ知る 河合神社にお参り。
結構すごくて エネルギーが通り始めました。

普段生活では鈍くなっている感覚がかなり戻り始め
境内 のいろいろな波動のの変わり目がわかりはじめました。

変わるたびに同行者に教えると
なるほどと関心してました。

実はこういうことを師匠と同行すると教えてくれるのです。
そうやって覚えていくのですが
すりあわせというのだそうです。

まあ私自身が感じられるレベルもそうたいした物ではないのですが。

下鴨神社にお参りしてお札をいただいてきました。
その前に 甘酒を二百円で飲んだのですが

コクがなく甘いだけ。
もったいねぇ。

そのあとバスで上賀茂神社へ。
以前は入れなかった所まで入れました。
ここでも祝詞をあげてしっかりとご挨拶。

出口近くで変わった鈴のお守りを売っていました。
音色が気に入ってしまって購入。

そのあとお札をいただいて帰路へ。

エネルギー感覚がびんびんに上がり
体にもざーっとエネルギーが通るのがわかります。

こんな感覚は忘れてました。

師匠たちと行くと一人では感じられない経験を沢山できます。

今回私と同行したつれも一人の時より
いろんな経験ができておもしろがっていました。

もっとさぼらずに時々 ご挨拶に神社めぐりしないと
いかんなぁと思ったしだいです。

posted by aomisakana at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社めぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月06日

気・エネルギー・パワー 

昔 仙道なんかにこったので気功なんか
やっちゃったりしました。

根気があれば気があやつれるようになるんでしょうね。
才能があれば 結構なレベルになったりして。

世の中には生まれつき当たり前のように気(エネルギー)
を操れる人もいるみたいですね。

ハンター×ハンターの様に念能力があったらおもしろいですね。

あんな超能力者みたいなことはできなくても
気功のような気が使えるようになります。

霊気なんかそうですよね。
マスターが回路を開こうとすれば
その日から霊気がだらだらと (^_^;)
流れ始めます。

世の中にはテープ CDを効くだけでエネルギーがつかえるようになる
流派もいろいろあります。

伝授と呼ばれるものもありますね。

意外といろんな人が いろんな次元で伝授
してるみたいでピンキリです。

柔道整復師の学校で同級生だった人が
鍼を打つとき 数ミリだけさして
そのときにイメージで骨盤などの調整をしているそうです。

見た目は鍼をして治療をしてるようで
気で治しにかかってるそうです。

最近になって分かってきたことは
鍼でもなんでも ベテランがやると

同じことをやってるようでもイメージで
経験からくる効果をロードして変化を
起こしているのではないかと思います。

学生の時 鍼の師匠に言われたツボに同じように
さしているつもりでも 師匠とは全く効き目がちがいました。

今普通にマッサージしてても
駆け出しの頃とは違って 早く緩んでくるように
なっています。

もっと一瞬で緩ませられるようになりたいと
思っている今日このごろ。

posted by aomisakana at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月05日

無料タロット占い

インターネットで無料タロット占い
を申し込んでみた。

約1時間以内に鑑定結果が出るという話だが
夜中なので 寝てしまった。

翌朝PCを立ち上げてみるとメールが来ていた。

思ったよりしっかりした内容だった。
しかし 当たってるような 当たっていないような。

いわゆる誰にでも当てはまるような
鑑定結果だった。


中には確かに当たってるのだが
言われるまでもなく自分が分かってることが
示唆されていて ほぉー
と思っただけだった。

なんか儀式をするから 
寄付を送れ 的な締めくくりだったので

無視していました。

そしたら毎日メールが一つづつくるようになった。

追加の鑑定のようだ。
だんだん寄付の額が下がってきた。

これから良いことがおこるが
儀式をしないと 逃すことになる云々の
内容が続く。

鑑定はネットの掲示されている外国の人ではなさそうだ。
ソフトかなんかで占っているか 
定型文があるのか もしくは実際に別人が占ってるかもしれない。

新手の詐欺かなぁとも思うし
強制されているわけでもない。

余裕があればだまされたとしても
鑑定料として払っても
さほど 気にならないのだが
生活ぎりぎりなので無理。

その状態を占ってあきらめてくれぇ。

posted by aomisakana at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | タロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月03日

玉造温泉そして出雲大社

今年の玉造温泉は
玉井別館というところに泊まりました。
よーく考えたら玉造温泉街の入り口の所だったので
温泉街の風情が見れなかったよーな気が。

一番安いプランで検索して予約しましたが
思ったよりよかったです。
安いプランなので 中庭と裏山しか見えない部屋でしたが
部屋自体は立派。

少なめの懐石と言うことだったが量は十分。
材料としては特別なものはなかったが
結構美味しかった。
部屋食じゃないものの 旅館内の料亭の個室部屋食で
ゆっくりできました。

温泉は3時から翌9時までと夜中でも入れるので
よかった。人が多そうな時間は外して入るので
だれも入っていなくて 貸し切り状態でした。

翌朝8時30分 温泉旅館を出て出雲大社へ。

一年に1度だけなのだが毎年知らない道が増えているので
すこし道が分からなかったりします。

全然知らない道でも 「あっエネルギーが変わった」
とおもったらだいたい出雲大社の5キロ前くらいの距離です。

出雲大社の横の駐車場に車をとめ
横から入っていきます。
正面から入っていけばいいのですが 遠くて。
今年は足を怪我している事もあって
遠回りはなし。
DVC00181.jpg

あの有名な本殿は改修中で仮殿に。

DVC00180.jpg

仮殿の横で厄年のお祓いを受けました。
しかし・・・・・・。

若い神主さん巫女さん。
お祓いがうまくいっていると体にきちっと反応がでて
エネルギーが降りてくるのがわかるのですが
今回はへろへろしか感じず
厄払いなのにやばいと不遜なことを考えていました。

仕方がないので自分で無理矢理アクセスしてみました。

今年は国家試験にも合格したのでお礼参りでもあるのですが
かわりに僅かですが 寄付をさせてもらってお礼としました。
(絵はがきとしあわせの鈴がいただけます。)

ことしの参拝も終わり

近くの出雲ワイナリーへ。
お楽しみの試飲。
運転手ではないので飲みまくり。

そのあとそば庄というそば屋で蕎麦を。
あとは大雨の中を帰りました。


posted by aomisakana at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 本当の癒しというものを知るために All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。